2008年8月22日金曜日

丸瀬布・知床キャンプツー

ちょっと遅くなりましたが、先週末の「丸瀬布・知床キャンプツー」の記録です。
ツーリングの記録はこちらです。

先週は会社の同僚Nさん夫婦、肉番長さん、Iさんカップル、私の6人。
Nさん、Iさんは車で、肉番長さんと私はバイクでという変則ツーリングでした。
【彼等とバイクでキャンプに出かけると必ず雨】というジンクスのとおり、この日も朝から雨。
とりあえず小降りになるのを待って出発です。

朝9時30分、江別市役所前に集合。
私は雨上がり待ちで約10分の遅刻。初っ端からすいません。
肉番長さんは徹夜マージャン明けで目がショボショボの状態で登場です(笑)
少し遅れでいよいよ出発。
江別東インターで高速に乗り北上しますが、途中、砂川辺りは雨雲ですっかり隠れていてその中を突っ切ると見た目どおりの雨。カウルに身を隠して走ったので、それほど濡れる事も無く砂川SAに到着。
肉番長さんはXR250なので、結構濡れたようでした。さすがに250での高速走行がきついということで滝川で高速を降りて、そこからは皆で下を走りました。


旭川を過ぎて上川に入ると前方にまた雨雲発生。
さすがにそれ以上の晴れ装備走行は諦めて、バイクを停めてカッパを着用。先を急ぎます。
上川駅近くのラーメン店「あさひ」で昼食となりました。
予めネットで調べて行ったのですが、ここのラーメン美味しかったです(^^)v
私が食べたのは「特味噌ラーメン」でしたが、味噌にコクがあって、とっても美味しいです。
皆も同様に美味しいと言ってたので間違いないと思いますよ。
Webページはこちらです。



一日目のキャンプは遠軽町にある丸瀬布いこいの森キャンプ場で張りました。
その日の夕飯がこれです。
いつもバーベキューは炭で火をおこしてグリルで肉を焼いてました。
今回は超手を抜いて、ガスストーブ&ジンギスカン用の使い捨て鉄板でした(笑)
でも野菜も肉もバッチリ焼けて、美味しかったです。
次からはこれですね(^^)v
食事の後は徒歩5分の所にある丸瀬布温泉「やまびこ」で冷えた体を温めます。
湯上りは焼酎のお湯割をぐぃっと煽って就寝となりました。



次の日、肉番長さんは朝早く林道に消えていきました。
見送る私は、肉番長さんが熊の餌にならないことを祈るのみでした。
後日、彼は会社に現れたので、無事だったという事で(笑)
丸瀬布での朝食は、いつものとおりカップヌードル・カレーです。
ジンクスの通り、これを食べてからは一度も雨にあたることはありませんでした。
カレー効果は絶大です(^^)v



2日目は知床でキャンプです。
移動の途中、ワッカ原生花園に寄って、貸し自転車に乗って道東の自然を堪能。
お腹が空いたので、昼食は網走にあるドライブインオホーツクバザールで「ともえ丼」を注文しました。
イクラ、ホタテ、かにのほぐし身、の3種の具が入っている海鮮どんぶりです。
特に感動も無く、さくっと次へ。
Nさん夫婦とは、ここでお別れです。
ここからは私とIさんとで知床のキャンプ場に向かいます



キャンプ場に着いたのが16時位でした。
この日のキャンプは、しれとこ自然村キャンプ場です。
ここではキャンプ場のほかに、スキューバダイビングや登山など、色んなイベントが企画されてます。
到着時、太陽は既に傾いていました。
Iさんと私のテント二つを張って、夜に備えます。
天気も良く、夕日が綺麗な日でした。



テントサイトは、電気策で周りを囲まれています。野生動物の侵入防止のためです。
ふと、策の外に目をやると、普通に蝦夷鹿が草を食べてます。
夜になると、ライトを受けた鹿の目が光って、結構怖かったです(笑)



この日の夕食は、キャンプ場の海鮮バーベキューを予約しておきました。
一人1,500円です。
ホタテやイカなどの海鮮の外に、近くで取れたきのこ汁も付いてます。
その上、オーナーからその日に捕れたマスやイカを無料で分けていただきました。
これがまた美味しい。
一人1,500はかなりお徳です。参加者全員満足の夕食で、満腹です。
食後は場内の温泉で暖まります。ここでIさんからデジイチの素晴らしさを説かれ…
やられそうです(爆)



翌日の朝食も、キャンプ場に予約しておいたおにぎりセット500円でした。
知床でのキャンプの食事は、酒を除いて全て人任せで済ませちゃいました。
キャンプらしくは無いけれど、これはこれで楽で良いかなぁと…(笑)
食事を済ませたら、すぐに出発です。
まずは知床五湖。この日は五つのうち最初の二つしか見ることが出来ませんでした。理由は熊です(^^;
いまだかつて、三湖以降を見たことがありません。いつかは見たいです。
その後、知床横断道路を走って羅臼に抜けます。
写真は知床峠から見た羅臼岳です。

羅臼の道の駅に到着後、札幌にどうやって帰るかを考えました。
来た時と同じ斜里→北見→上川→旭川→札幌ルートが早そうですが、道央以北の天気が怪しい。
これは帯広経由が良いのではないかと…。
この選択が大失敗。帰り着くまでに予想以上に時間がかかってしまう結果に(^^;
というわけで、次は中標津の開陽台に向かいました。
ここは360度の地平線が一望できる高台。周りは牧草地で景色も最高です。
キャンプサイトも併設されていて、ここに居れば朝陽と夕陽の両方が拝める素晴らしい場所です。



景色を眺めているうち、時間はお昼になってしまいました。
この時、一行はその後に摩周湖と屈斜路湖に寄ってから帰るなんて、まだ欲張っていました。
早速、摩周湖方面に走ります。
そして、摩周湖手前にある道の駅「摩周温泉」到着が13時。さすがに腹が減った。
道の駅の裏にあるスープカレー屋さんで昼飯となりました。お店の名前は忘れましたが、なかなか美味しいカレーでした。
食事を終えて店を出たのが14時。かなりやばい雰囲気です。食事中に皆で相談の結果、摩周湖と屈斜路湖観光は諦めようということになっちゃった。諦めの良い方々(笑)
この後は、阿寒から足寄に抜けて道東自動車道を目指します。



足寄到着が15時40分。足寄の道の駅では、地元のスーパースター、松山千春さんの歌声が延々と流れています。
私はここで働けません(笑)
休憩を取って、16時に足寄を出ます。そこからは、日没前に日勝峠を越えようとひたすら走ります。

日勝峠の手前、十勝清水に着いたのが17時。峠を越えて日高に着いたのが18時近くになっていました。周りは既に暗くなっていましたが、明るいうちに峠越えが出来てよかった。陽が落ちると既に寒くなってきています。ここで食べたトウモロコシコロッケが暖かくて旨かった。写真撮るのも忘れてました(爆)
日高で休憩後、札幌目指してすぐに出発、自宅到着が20時頃でした。
走行距離は3日間で約1,100キロ。今回も満足しました。
同行していただいた皆さん、どうもありがとうございました。
走って、食べて、お風呂に浸かって、満足の3日間でした。

7 件のコメント:

オヤジの道楽 さんのコメント...

まつさん おばんです。

キャンプツーお疲れ様でした。ご無事のお帰りも何よりです。

地図を拝見しますと北海道が小さく見えてしまいますが、結構な距離ですね(爆)私などまだまだ走り込みが足りませんね(笑)

ガスボンベを使った、バーベキューは良いですね。炭やホワイトガソリン使ったバーナーは、雰囲気は出ますが、後が大変ですね。

私もキャンプツーに挑戦してみたいです。

GAZZY さんのコメント...

まつさん こんばんわ

キャンプツーも楽しそうですね。
いつかは・・・と考えています。

ドームテントは持っていますがバイクに積載するには大きすぎますし(^^ゞ
ロッジ型なんておそらく倉庫で腐ってるはず(爆)

シュラフも20年選手ですし・・・。

キャンプでジンギスカンいいですねぇ。
羊が好きな私としてはたまらないです。
北海道には使い捨てのジンギスカン鉄板があるんですか?
いいですね(笑)

まつ さんのコメント...

◆オヤジの道楽さん、こんばんは。
ガスボンベのバーベキュー、なかなか行けましたよ。
最近のキャンプ道具は、昔に比べると隔世の感があります。
快適ですよ。
北海道で、一緒にキャンプしましょ(^^)v

◆GAZZYさん、こんばんは。
羊がお好きなんですね。
美味しいジンギスカンのお店もあります。
是非、行きましょうよ。
GAZZYさんが北海道にいらした時に行くお店、決定っと(^^)v

いち さんのコメント...

こんばんは。
キャンプツーって、一度も経験ないんです。
車でキャンプだけか、バイクでツーだけか(笑)。

でも、どことなく寒そうですね。昨日のニュースで、北海道は摂氏1℃台だとやっていました。もう秋ですね。

まつ さんのコメント...

◆いちさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
仰るとおり、北海道の夏はもう終わったようです。
キャンプも「何となく」ではなく「はっきり寒かった」ですよ(笑)
今年も残り少ないバイクシーズンとなったのかなぁ。
それなのに、明日は雨です。
うぅーんですな。

だっくす さんのコメント...

ふにゃ~…美味しそうなものを食べまくってますネェ。
これから秋を迎えると更に美味しいものだらけになるんでしょうネ。
でもまつさんはスリムだから余計羨ましい!(^^ゞ

まつ さんのコメント...

◆だっくすさん、こんばんは。
上川のラーメン屋さんは美味しかったですよ。
新宿と溝ノ口にも姉妹店があるようですので、よろしかったらチェックしてみてください。
http://www2b.biglobe.ne.jp/~massa/asahi/asahi.html